-

規則正しい睡眠を取ることで、心身の健康を維持することができます。 睡眠は、体と心を休めるために重要になってきますので、1日8時間程度は取るように工夫を行ってみるとよいです。 最近ではパソコンを操作される方も多くなっていますが、夜遅くまでパソコンを操作することで、目がさえてしまうようになります。 あまりにも夜遅くまでパソコンを行っていると、夜間決まった時間に眠ることができなくなりますので、時間を決めてパソコンを操作してみるとよいでしょう。 さらに、夜遅くまで照明をつけたままですと、脳が休むことができなくなります。 照明をいつまでもつけているという方は、決まった時間に照明を消して布団に入ってみるとよいです。 このように、生活を変えてみることで、決まった時間に眠ることができるようにもなります。 最初のうちは、急な生活の変化に慣れないかもしれませんが、徐々に夜決まった時間に無理なく眠ることができるようにもなってきます。