-

コーヒーが好きでいろんなところで飲んだりします。 基本的にはブラックが好きなのですが、お店で飲む時にはラテを飲むことが多いのです。 残念ながらコーヒーが好きでも顕著にわかるくらいの通といわれる舌は持っていません。 でも、ラテはそのお店の味、その淹れてくれた人の味がはっきりとでるのです。 一度、仲良くなったショップの店長さんと、アルバイトの人のラテを飲み比べをさせてくれたのですが 店長さんのラテが抜群に美味しかったのです。 同じ豆、同じマシン、同じミルクのはずなのに。 それから、お店ごとのラテを飲み比べるのが好きになりました。 そんなことをしているうちに、自分自身でも淹れてみたい。 そして、ラテアートをしてみたいという気持ちになりました。 そして、私がとった行動は家庭用のエスプレッソマシンを購入! まずは形からの人です(笑) 家でもラテが飲めるようになりました。 その日から毎日1杯はラテを淹れるようにしています。 というより、1日1杯が自分で飲むには限界なのです(笑) ラテアート難しいです。 ミルク作るのが本当に難しい。 でも、好きだからこそお店のようなラテアートを描きたいのです。 今日も仕事から帰ったら本日の1杯を淹れる予定です♪